head_img_slim
HOME > コラム

意識の拡大とは

自分自身の中心にいながら、多次元と繋がる方法

私がお伝えしている「意識の拡大」は、「体外離脱」とは区別しています。

一番の違いは「意識の拡大」をする時、自分自身の中心に、必ずいるようにすることです。
その中心から、二元性を超えて多次元に拡大していくのです。

基本的に、ワークショップでは、「体外離脱」を行わないように、指導しています。
「体外離脱」が、なぜ危険なのか。それは、多くの場合、体外離脱をした人の魂のすべてが、こちら側に戻ることがないからです。
その結果、元気のない、少しボーっとした意識になります。
ドラッグなどを頻繁に使っても、このような事が起こります。

後に、魂の回収や、各次元に残してきた魂の断片を集めなければならなくなります。
このことについては、スクールの中でセントジャーメインが細かく語っています。

スクールでは、「意識の拡大」をサポートする、多くのプログラムを提供しています。
ここで行っている「意識の拡大」は、自身の中心にいながら、拡大して多次元につながるので、ある意味とても安全だと言えます。

その中で、「セクシャル・エナジー」のスクールでは、とてもシンプルで効果的な「意識の拡大」方法を教えています。
これはアトランティスで行われていたもので、新しい時代に適したやり方で伝えたものです。

また、「ドリーム・ウォーカー」デス・トランジッションのスクールは、死者の魂を、死後の世界の中で迷わないように、道案内をするものです。
道案内をするファシリテーターが安全に、こちら側に戻れるよう、また、神聖なエネルギーを持ち帰ることが出来るための、多くの情報を述べています。

「ドリーム・ウォーカー」はセントジャーメインが、

「セクシャル・エナジー」はトバイアスが伝えています。

「意識の拡大」の際に必要なこと

・深呼吸をして安全な空間を創造する。

・自分自身を愛する

これは、頭の話でも、ハートの話でもなく、男性性(アダム)のエネルギーと 女性性(アイシス)のエネルギーのバランスがとれた状態に、「なる」ことを指しています。

・マインドを使わない、ビジュアライゼーションを行わない

これは、決してマインドでは「意識の拡大」をすることが出来ないからです。

・エネルギーワークはしない

これは、古い二元性のエネルギーを対象にして、この3次元の狭い領域に、閉じ込められた中での、ワークになるからです。

その中での効果を否定するものではありませんが、新しいエネルギーの世界では、古いエネルギーワークは有効でなくなると伝えています。

ただ、自身に溜まった古いエネルギーを開放することは、自らがエネルギーを動かして行います。(エネルギー・ムーバーと呼んでいます)

・すべてを受け入れる

この次元での各エネルギーの働きを理解して、自らの外側の事に葛藤を持たない状態になることです。
自分自身を愛し、アダムとアイシスのエネルギーのバランスがとれると、新しいエネルギーを感じることが出来ます。
これは二元性のエネルギーとは、まったく別の物です。

※詳細は、各スクールでお伝えしています。

「意識の拡大」は、どのような感覚がするのか、私の体験を、お伝え出来る範囲で、お話しさせて頂きます。
五感の状態は、普段の2~3倍、敏感になっているようです。
ただ、起こっているすべてに気付いているのですが、そのどこにも意識が集中していない状態と言えばよいかもしれません。
さまざまな気付きやノーイングネスが入ってきます。
また、エネルギーが自己充足しているので、エネルギーの貸し借りが必要でなくなります。
スクールでは、この状態を「アリア」と呼んでいるのですが、まだ、その先の状態があります(各スクールでお伝えしています)。
ある地点に来ると、意識が変化するのではなく、意識そのものが、すべてを観察している意識だけが、自己そのものであると体験します。
これから多くの方が体験されることになると思います。

(山崎邦明氏)

悟り,覚醒,アセンションを体験したことがない人は、
観念的に捉える事しか出来ません。

そこで、悟り,覚醒,アセンションを
「純粋な物理学」として解説します。

ここで、ひとつの例をあげてみましょう。
物質は、気体、液体、固体に変化します。

水の場合、宇宙では初めに水蒸気がありました。
それが冷えて水になり、氷になりました。
水から水蒸気になったわけではありません。

温度が下がって行き、ある臨界地点に達すると
水蒸気は、いきなり水になりました。

また、ある臨界地点に達すると、いきなり氷になりました。

私たちの魂が、大天使から、ある臨界地点で天使になり、
またある臨界地点で、この次元での人間になったこととダブりませんか。

さて、氷から水になるのには、ある条件が必要です。

摂氏1度以上に温度が上がらなければ、決して氷は水になりません。
この場合の条件は、温度ですね。

「悟り,覚醒,アセンション」として語られている意識の拡大も、
ある条件が必要です。
その条件が満たされると、努力もなしに突然、意識の拡大が起こります。

アセンション (理論講座 「メカニズムを学ぶ」)より

何故、近年、悟った人が現れていないのか

お寺などで、参禅会や瞑想会が開かれています。
本当に、日常生活から離れて、参禅会や瞑想会などに参加すると、心が静まり、何か良さそうですね。
日本や世界にいる禅僧もそうですが、近世、瞑想をして悟ったという話を聞いたことがありません。

何故でしょう。

そこには、一つの理由があります。

準備が出来ていないのです。
準備が出来ていない人が、いくら瞑想をしても、意識の拡大は起こることがありません。
準備が出来て瞑想をすれば、とても深いところに意識が入り、瞬時に意識の拡大が起こります。

さて、準備とは何でしょう。

1,ほとばしる魂の情熱(自分が進化したいという)
2,肉体、エーテル体における活性化されたエネルギーの流れ。(エネルギーの便秘がない状態、体の凝りがない状態)
3,自分自身に対する膨大な信頼感
4,スピリチュアルな知識(動物としての肉体の習性、インプラント、霊界からの影響)

瞑想中に必要な感覚

5,無念無想
6,自分の外に対して葛藤を持たない状態(自分の外を、全て受け入れ、包み込む宇宙まで拡大する)
7,自身の奥深くに、意識を入れ込む

これらの条件がそろっていると、可能性が広がります。

準備が整っていないで瞑想をしても、ほとんど成果がないことは、目に見えています。
エネルギーがふん詰まっていては、誰が見ても悟るわけがないと分かるでしょう。

さて、これらの情報は実践を通してしか、意味のないものであることがお分かり頂けたでしょうか。

頭の中だけの話では、全く無意味です。

準備が整うと、ある時、自然に瞑想がしたくなります。
それまで、瞑想を待っても良いですね。

(山崎邦明氏)

アセンション (理論講座 「メカニズムを学ぶ」)

photo アセンションの準備のための理論講座です。アセンションの物理学、あなたの意識が今までない宇宙を作り出すメカニズムを学びます。

»詳細ページへ

 

意識の拡大 (実践講座 「意識の拡大」)

photo 意識の拡大への、実際のアプローチです。瞑想中に必要な感覚をつかんでいきます。

»詳細ページへ

 

般若心経と意識の拡大

般若心経は、多くの人に親しまれている一般的に尊いお経です。
般若心経の解説や本の紹介は、インターネット上で数多く見ることが出来ます。
出版された本を、無料で見ることも出来ます。
>>書籍の検索はこちら

------------------------------------------------------------------------------
般若心経の解説
般若心経は、この世でどう生きるか、どういう心持ちになればいいか、またどう生活すれば良いかについて全く語っていません。
般若心経をこの世のことに無理矢理置き換えると、全く違った意味不明のものになってしまいます。
観自在菩薩の意識が拡大して覚醒状態になり、その視点から見えた事を分かりやすく語っています。
個人的な人間の可能性、人間の意識の拡大の可能性を指し示しています。
意識の拡大状態になるには、脳を使っては絶対になることが出来ません。
脳はとても良いものですが、目的が全く違っているからです。
3次元の地球に来た魂、意識は、地球の引力圏から出ることがほとんど出来なくなり、意識が拡大して多次元を認識する事が殆どなくなってしまいます。
地球の引力圏内の幽界や霊界を通り抜け、移行の最終地点まで道案内する、地球の引力圏の力が及ばない地点まで魂の道案内を行う事が出来る、特殊な訓練を積んだファシリテーターがいます。
このファシリテートの際には、頭を使わず、感じることは全てあなたのことではないという状態、スタンスを取ることになります。
般若心経で言う所の、「照見五蘊皆空」「受相行識亦復如是」 、ということです。
皆さんがよく知っている言葉、「無念無想」の状態になることがとても大切になってきます。
さらに、般若心経では、この世は幻想である事を、「色即是空・空即是色」と言う言葉で伝えています。

---------------------------------
日本では「 いろは 」 歌も、般若心経と全く同じ意識の拡大した状態で起こる、真理を伝えています。

いろはにほへと ちりぬるを  わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて  あさきゆめみし ゑひもせす
 
色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならん
有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず

「いろは歌」の解説
色は匂うけれどすぐ散ってしまうでしょう。この世でまったく変わらない物はないのですから。
諸行無常 、万物流転のことを言っています。
そんな、全てが変わる世界で幸せを求めようとしても、決して幸せになれないでしょう。
全てが変わってしまうのですから。ましてや人間の心も移ろいやすいものです。
二元性を超えて、二元性で支配されるこの世やあの世を越えて、幻想の中で夢など見て生きていないで、
酔っ払ってなんかいないで、意識を拡大して目覚めてくださいと伝えています。


 

ページトップに戻る