head_img_slim

synchrotize012.jpg(73537 byte)
山崎邦明氏
Kuniaki Yamazaki

20代前半の覚醒体験をきっかけに、 伝承されてきた情報を精査し、 各グルの情報をわかり易く解説することにも定評がある。
21世紀に入り、選ばれた天界からのメッセージの伝達者としての顔も持つ。

「地球は一冊の美しい書物である。
 けれど、それを読めない人にとっては何の意味も持たない。
 昔、 誰かが言った言葉が、とても微妙な真理を表しています。」

「体現するために、本当に意識の拡大が起こるための、必要な情報や場が求められています。
存在の内側から沸き上がってくる、意識の拡大への欲求を持つ人のための場を、これから着実に作っていきたいと思います。」
(山崎邦明氏)

意識の拡大ワークショップ

意識の拡大とは?

選ばれた天界からのメッセージの伝達者としての顔

2007年9月18日は、意識の劇的な変化“クォンタム・リープ(量子的飛躍)”が起こり、新しいエネルギーの通り道が開かれた特別な日でした。

クウォンタム・リープを、約2年半後に控えた2005年2月、
セント・ジャーメインは初めてCCの月例のチャネリングに登場しました。

初めてのチャネリングの中で、その年の年末か翌年早々、少数のグループを集めて、特別なワークを行うだろうと告げました。

後に、この少数グループに伝えられたチャネリング情報が、スクールという形をとって、世界各地の少数グループに伝えられて行くことになります。

スクール参加者の声

「自分の可能性が見えてきて、楽しみになりました。ありがとうございました。」

「昨年数々のスクールを受講させていただきましたが、一番の変化は
 ”自分のなかのバランスがとれて、本当に楽になった”ことです。」

「自分に“歩く“力があるのだという実感が、心のなかに頼もしく残っています。」

「癒された、というそんな単純な言葉一言では片付けたくないのですが・・
本当に私自身の心が、魂が、深い部分から癒され、解放され、洗い流されたような感覚です。」

「いつもどのスクール後もそうなのですが、
ずっとワークというか、私の中で必要なことが引き続き起こっている感じです。
感覚や意識がどんどん変わっていくのを感じています。」

あまり情報をいれずにセッションを受けたので、ああこういうセッションなんだという感じで過度な期待もなくリラックスして受けることができました。
導入に、空っぽになること 流すこと ということについて、話していただいたのもすごくよかったです。さすがたくさんのことを経験されているだけあって、山崎さんの膨大な引き出しの中から私にとって必要な情報を分かりやすく説明していただけました。
終わってから、紹介してくれた友達に会いましたが、エナジーが軽くなったねと言われました。その人はとても敏感な人なのでそうかもしれません。
たぶん、山崎さんが伝えたいことは車の運転のように、なれればそのようになるのかもしれないと想い、これまでの取り組み方とは違う感触を得ています。

各種スクール

スクールとは?

 


ページトップに戻る