head_img_slim
HOME > anemone 2011年1月号 > 「意識の拡大ワークショップ」

「意識を進化させていくためには、まずは、本来の自分自身を信頼し、歩めるようになることが先決です。そのサポートとなるべく、私は現在「意識の拡大ワークショップ」を開催し、意識進化の物理学の講義も並行しながら、一人ひとりにあったワークを行っています。」
(山崎邦明氏 anemone 2011年1月号より)

「意識の拡大ワークショップ」

意識が内側に深く入って行くと、「意識の拡大が起こる地点」に到達するわけですが、準備をしていないと、たどり着く事が出来ません。

通常、人間の意識は、今考えている事や、感じている事にフォーカスしています。
日常生活では、それ以外に意識が向けられる事は、殆どありません。

意識の拡大のワークを行うための、最低条件や、そのための準備を知ることが必要です。
これが、意識の拡大ワークショップで行われることになります。

nobeyamawelcome.jpg(639700 byte)

howtorealize.jpg(1995368 byte) synchrotize4.jpg(73153 byte)

開催日決定!!

「意識の拡大ワークショップ」

開催日   2018年6月20日~22日
講師    山崎邦明氏
参加費   10万円

タイムスケジュール
初日  11時 ~ 18時
2日目 11時 ~ 18時
最終日 11時  ~ 16時30分

「意識の拡大ワークショップ」

開催日   随時開催 (ご希望の開催日をご連絡ください)
講師    山崎邦明氏
参加費   10万円

タイムスケジュール
初日  10時 ~ 17時
2日目 10時 ~ 17時
最終日 10時  ~ 16時

m_contact_yoyaku.png(22756 byte)

古池や蛙飛びこむ水の音(ふるいけや かはずとびこむ みずのおと)
閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずかさや いわにしみいる せみのこえ)」

意識が、ある地点を通過して拡大すると、
とても静かな空間を感じることが出来ます。

この静けさは、
芭蕉が俳句で歌っているところのものに、似ています。

スクールは、多くは知的情報です。チャネリングも知的情報です。

しかし、一番大切なのは
「フィーリング」、「体感」
です。それには、実践が必要です。

山崎さんは、それを伝えようとしています。

意識の拡大ワークショップでは、
情報を読んだだけでは伝わらない、エッセンスの実践を通して自信を深め、
意識進化の物理学の講義も並行しながら、一人ひとりにあったワークを行います。

自分で毎日1時間でも、ワークを地道に続ける事がとても重要です。

汝自身を知る。

ホモサピエンスの中に、意識が入ると何が起こるのか、十分に知ることが必要です。

肉体のこと、脳の働きについて、心の活動傾向について。
ホモサピエンスのプログラミングについて、インプラントについて。

本質のあなたの意識から見ると、それらは全てあなたのことではありません。

3次元の表層の、動物としての肉体に入ることによって感受される全てのことが、本来の自身の意識ではないことを、把握しておく必要があります。

それらは、問題ではありません。

でも、ここ二元性の世界では、それをクリアーできない人がほとんどです。
そのようにプログラミングされています。

それらは、ホモサピエンス上の問題です。

そして、ドラマ、喜怒哀楽が大好きです。
もちろん、喜怒哀楽はホモサピエンスの特徴です。

天使の特性には、なかったものです。

意識が内側に深く入って行くと、「意識の拡大が起こる地点」に到達するわけですが、準備をしていないと、たどり着く事が出来ません。

たどり着く前に、頭の中で、妄想を描く人がどれだけ多いことか。

その数を知ると、驚くでしょう。
そして私は、今この段階まで来たと妄想を描くようになります。

また、この次元で、えばり出します。
すると、より深くこの次元に根ざして、意識の拡大のチャンスを逃しています。

たったひとつのシンプルな、「意識を内に向ける、一日1時間のワーク」のために、どれだけ多くの膨大な言葉が必要なのでしょう。

なぜ人は、こんな簡単なことが出来ないのでしょう。

多くの人が、まだ、そこにいたいと思っています。
輪廻転生のサイクルに留まりたいのです。

喜怒哀楽を最上の喜びと感じているからです。
達成感や幸福感が、最高のものだと思っているからです。

もちろん、達成感や幸福感は悪いものではありません。
意識の拡大のワークの準備に、とても必要なものです。

それがあると、意識が内に向かいやすい条件が整うからです。

とても利用できるものです。

(山崎邦明)

___________________________________________________________


ページトップに戻る