head_img_slim
HOME > 山崎邦明氏によるスピリチュアルな用語解説

山崎邦明氏によるスピリチュアルな用語解説

「意識的な選択」

とてもシンプルです。

「意識的な選択」は、通常使っている選択とは、全く意味が異なっています。
日常使っている「選択」は、AかBのどちらを選ぶのかということを意味していますが、
ミステリー・スクールでは、この事を、ただの反応と呼んでいます。
人間のただの反応という意味です。

この事によって、大衆は全く「意識的選択」をしていないことが分かります。

ソクラテスや老子が、大衆は何も出来ないと言った意味が、そこに隠されています。

意識的な選択は、とてもシンプルですが、 簡単すぎて上手くいかないのが普通です。

シンクロタイズ、ドリームウォーク・バース、デス・セクシャルエナジー、全てに共通する重要なポイントです。

「意識的な選択」の実際のやり方は、シンクロタイズのスクールで学べます。

「アスペクト」

個性として付いているエネルギーのことを「アスペクト」と呼んでいます。

アスペクトの講座では、その正体、太古の昔から連綿と続く、そのエネルギーの影響を学びます。
感情の解放も扱います。

「エネルギー・ホルダー」

日常生活では、一つの事に意識が集中しています。
この世で何かする時には、とても役に立つ事です。
その中で、色々な悩みや思惑、やりすぎて溜まった疲労、信念体系やオーバーレイ、これらが体に付着する事を「エネルギー・ホルダー」と呼んでいます。

「エネルギー・ムーバー」

体の固さやコリは、疲労やストレス等が原因ですが、それそのものが、アスペクトであり、カルマであり、動かなくなったエネルギーであり、手放すべきものです。
「ピュアになろうとする衝動」の感覚を身につけ実践すると、エネルギーが流れ美しくなります。
オーラフィールド全体のエネルギーが綺麗に流れているので、存在が何か美しく感じられます。
スピリチュアルな世界での「最初の練習」は、その直線的な意識の方向を、一つの事に集中した意識を、思考や感情、肉体感覚から離す作業をすることから始めます。

「夢」

意識が深く入ると、夢を見なくなります。
意識が、頭の位置から、別の場所に移動したからです。
夢をうまく解析(利用)すると、今、自分がどんな状態か、意識の位置がどこにあるのか、分かるようになります。

「サレンダー」

スピリチュアルの世界では、昔からよく「弛緩」とか「サレンダー」という言葉を使って来ました。
多くの人たちが、誤解していたのは「サレンダー」と言うと、自分の外に対して心を開く意味に捉えていた事です。
これは大きな間違いでした。
「サレンダー」で大切な事は、自分自身に対して「サレンダー」する事が重要です。
外に対してではありません。 自分自身にサレンダーするのです。
とても重要な事です。

「恐怖」

恐怖は本来、とても良いものです。
動物として、生存を脅かされたとき恐怖がないと、すぐ殺されてしまいます。
本能としての恐怖は悪いものではありません。

しかし、頭で作られた恐怖は、別物です。
この恐怖を、取り除く荒療治が、セクシャルエナジーでした。
シンクロタイズでは、信念体系からアプローチしていきます。

「感情のメカニズム」

感情のメカニズムを把握すると、とても人間的な肉体が持っている湧き出る感情を、只々自然に害もなく、手放すことが可能になります。


用語解説:山崎邦明氏

kuniaki.jpg(9704 byte)
山崎邦明氏
Kuniaki Yamazaki

20代前半の覚醒体験をきっかけに、
伝承されてきた情報を精査し、
各グルの情報をわかり易く解説することがとても評判を呼んでいます。
21世紀に入り、選ばれた天界からのメッセージの伝達者としての顔も持つ。

 

レッスン・スクール

それぞれのスクールは、主に21世紀に天界から伝えられた情報と山崎邦明氏の体験を基にしています。
良い子を出産するために、赤ちゃんとの受胎・妊娠時のコンタクトや、 自分で出来る、傷ついた魂の癒し方、個性として、付いているエネルギー「アスペクト」など、
とても斬新で、目からウロコが落ちる情報満載です。
もちろん、21世紀に入ってから、実際に使われている、現実のスピリチュアル「能力」です。

ファシリテータの資格も取ることができます。
(将来、スクールを開催できる教師の資格を入手する事が出来る教師コースに参加できる資格が与えられます。)

»個人レッスン

»スクール

参加者の声
あまり情報をいれずにセッションを受けたので、ああこういうセッションなんだという感じで過度な期待もなくリラックスして受けることができました。
導入に、空っぽになること 流すこと ということについて、話していただいたのもすごくよかったです。さすがたくさんのことを経験されているだけあって、山崎さんの膨大な引き出しの中から私にとって必要な情報を分かりやすく説明していただけました。
終わってから、紹介してくれた友達に会いましたが、エナジーが軽くなったねと言われました。その人はとても敏感な人なのでそうかもしれません。
たぶん、山崎さんが伝えたいことは車の運転のように、なれればそのようになるのかもしれないと想い、これまでの取り組み方とは違う感触を得ています。


ページトップに戻る